豊田市の外壁塗装工事の施工期間はどのくらい?

豊田市で外壁塗装をご検討中の皆様へ、外壁塗装工事の大まかな施工期間について紹介します。

豊田市の外壁塗装工事の大まかな施工期間

豊田市内の一般的な住宅(二階建て、延べ床面積30坪くらい)の屋根塗装工事を含めた外壁塗装工事の施工期間は、「約2週間」です。
塗装工事は、足場の組み立て工事から始まり、建物の養生、高圧洗浄、シーリング工事、下地処理、屋根の下塗り・中塗り・上塗り、屋根の下塗り・中塗り・上塗り、破風や雨樋などの付帯部分の塗装、点検、足場の解体、清掃、引き渡しまでの作業に2週間程度要します。
豊田市内の延べ床面積35坪程度の3階建て住宅の屋根塗装工事を含めた外壁塗装工事の施工期間の目安は約3週間です。

外壁塗装工事の施工期間が延びる要因とは?

塗装工事の施工期間が延びてしまう主な要因についてまとめています。

▶天候が影響して作業ができない場合

雨の日が多い梅雨の時期や、雪や気温の低い日が多い冬の時期は、湿度や気温の影響で塗装作業ができない可能性があります。塗装した後に雨で濡れてしまうと乾燥するまで次の作業に進めません。
雨や雪、気温以外にも、強い風が吹いている日は塗装をした面にゴミやホコリが付着する可能性があるので、塗装作業ができずに工期が延びてしまう可能性があります。

▶経年劣化が進行していて補修工事に時間がかかる場合

事前に豊田市のお住まいに直接訪問し、建物の状態や周囲の環境などを調査して工程を決めています。ただし、外壁や屋根の経年劣化が著しく進行している場合は、高圧洗浄作業や下地処理の作業、下塗りの作業に時間がかかってしまう事があるので、この場合も通常よりも工期が長く掛かる可能性があります。

▶乾燥にかかる時間が長い塗料を使う場合

塗装工事で使用する塗料は、それぞれ乾燥時間が定められています。塗料によって乾燥に適した乾燥時間や気温、湿度が異なる事から、乾燥に時間がかかる塗料を使用した場合は通常の塗装工事よりも施工期間が長く掛かる可能性があります。
塗装工事では、前に塗装した塗料が十分に乾燥した事を確認してから次の塗料を塗ります。塗料が乾燥する前に次の塗装を行うと各塗料の性能を十分に発揮する事ができない、耐久性に影響する事もあるので、塗料メーカーが定める塗料の乾燥時間は必ず守る必要があります。



外壁塗装工事や屋根塗装工事は、天候や建物の状態、塗装工事の繁忙期などが影響し、施工期間が予定よりも若干延びる可能性があります。このような場合、当店では塗装工事を開始する前にその旨をお客様に予めお伝えするようにしています。
豊田市における塗装工事の施工期間についてご不明な点やご希望などございましたら、塗り替え専門店小林塗装へぜひお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい。